歯の黄ばみ 内側 内因性

歯の黄ばみが内側から変色してる、内因性の変色について調べてみることにしました。

歯の黄ばみ、歯に付いたなかなか消えない色素沈着に悩んでいる方は、ご一緒に歯の内側から変色する内因性の変色について知ってみませんか。

歯の黄ばみが内側から変色

歯を白くする歯磨き粉を使用していても、歯の黄ばみやくすみなどの変色がなかなか消えない方。
それ歯の内側から変色していませんか?

実は歯の変色は、飲食物などの色素による外的要因で変色する外因性の場合と、歯の内部から色が変わってしまう内因性と場合があります。外因性の場合には、自宅でも歯を白くするようなホワイトニングを目的とした歯磨き粉で対応できるのですが、内因性と場合にはそうはいきません。

内因性の歯の変色の原因は、次のようなことが原因です。

  • 歯の打撲により、歯の神経が死ぬと歯の色が変わってきます。
    また歯の根の理療をすると色が変わってくることもあります。
  • もう一つの原因として、幼少時に一部の抗菌薬(抗生物質)を服用すると、歯の色が変わることががあります。

以上のような原因で、歯の内側から黄ばみやくすみなどの変色が発生することもあるのです。

歯の黄ばみが内側から変色してる?それって内因性の変色まとめ

歯の黄ばみが内側から変色について紹介してきました。
ご自身の歯の変色がどのようなところから、変色しているかしっかりと知る必要はあります。

歯の変色によって、歯を白くするホワイトニングの方法も変わってくるので、歯を白くするホワイトニングの歯磨き粉で効果がない方は、歯医者さんで調べてもらう方が良いでしょう。

もし飲食物による歯の色素沈着が原因になっているのであれば、下記ページのホワイトニングは如何でしょうか。
自宅でできるホワイトニング

page top