歯の黄ばみ どこから

歯の黄ばみの原因はどこからくるのか調べてみました。

歯の黄ばみ、歯に付いたなかなか消えない色素沈着に悩んでいる方は、ご一緒に歯の黄ばみ・色素沈着の原因について知ってみませんか。

歯の黄ばみの原因はどこから?

歯の黄ばみ、歯に付いてしまった色素沈着は、なかなか普通に歯を洗っても白い歯に戻らないですよね。歯の黄ばみが気になって口を開けて笑えない、相手と対面している時に自分の歯の汚さを知られるのではと、思ってしまう方も少なくありません。

もちろんホワイトニングで、歯を白くする方法もあるのですが、まずは歯の黄ばみの原因についてしっかりと知っておくことが、予防の一環となるのです。それでは歯の黄ばみの原因について、紹介していきます。

歯の黄ばみの原因は次のようなことが主な原因となります。

  • ワイン・コーヒー・タバコなどによる色素の汚れ
  • 虫歯・歯周病・歯石などに歯のトラブルが原因による汚れ
  • 加齢による歯の変色

ワイン・コーヒー・タバコなどによる色素の汚れ

飲食物に含まれた色素によって、歯にステイン(着色汚れ)を起こす原因となります。
特に着色しやすい飲食物として、次のようなものがあります。

ワイン・コーヒー・紅茶・日本茶・カレー・チョコレートなど

これらは普通に日常生活をしていると、避けることはできないので、口にした時には、早めにお口のケア(歯磨きやお口をすすぐ)などをしておくことが大切です。
またタバコに関しては、タバコのヤニが歯の裏側や隙間に付着して、変色を引き起こします。
しつこい汚れとなるので、歯の黄ばみが気になる方は、タバコを吸うのは止めることをおすすめします。

虫歯・歯周病・歯石などに歯のトラブルが原因による汚れ

歯石などにより虫歯が発生し、歯の表面の白い部分が溶けてしまい、黄ばみが目立ってしまうことになります。
虫歯予防ができるオーラルケアを心掛け、虫歯になっているところは、しっかりと歯医者さんで治療をすることが大切です。

加齢による歯の変色

年齢を重ねるにつれて、歯が黄ばみやクスミが目に見えて目立ってしまう方がいます。
歯の内側の象牙質の黄色味が目立ってしまうのが原因なので、歯医者さんで歯の内側から漂白する必要があります。

歯の黄ばみの原因はどこからくるのかまとめ

歯の黄ばみの原因はどこからくるのか紹介してきました。
個人レベルでできる歯の黄ばみの防止として、色素の濃いものを摂取した場合には、早めに洗い落すことが大切ですね。
また歯に問題がある方は黄ばみ・色素沈着がしやすいので、しっかりと治療しましょう。

歯について飲食物による着色や虫歯・歯石対策として下記のページもご覧ください。
自宅でできるホワイトニング

page top